八女市本町にある本格石釜ピザの老舗cleson

筑後市のデザイン事務所sanpachi archuvesのデザイナー宮永大輔氏

馬場建設が三位一体となって作り上げた本格石釜ピザの2号店、ROBEGO PIZZA。

設計・デザイン段階から色彩・作業動線・ビジュアル・居心地の良さから音響配置まで練りに練った力作。

テーマは[オールディーズ&インダストリアル]。古き良きアメリカンを匂わせ、インダストリアルな無骨さをプラス。

IMGP2085.JPG

店内。シック過ぎず、無骨過ぎず、ポップ過ぎないアーリーアメリカンにインダストリアルをプラスして馬場建設がデザイン&施工。 衝立・ベンチBOX(中に収納有り)・楠の1枚板テーブルは馬場建設の木工部門、babacraftで制作。

IMGP1959[1].jpg

柔らかい光・要所に収めた無垢の杉、流れるオールディーズが心地良い空間を生む。

IMGP1933.JPG

カウンター・ボトルシェルフもbabacraft作。ブルーグレイのペイントに転倒防止の異形鉄筋がなんともインダストリアル。

IMGP2082.JPG

入口正面ロゴも宮永氏がデザイン。ペイントはROBEGO店長エイコさんがDIY。

IMGP1937[1].jpg

照明・小物類はclesonオーナー龍さんのチョイス。一見バラバラに見えるが、1つ1つにこだわり,テーマに沿っているので上手くまとまっている